憧れのタワーマンションを見てみよう

近年注目されているタワーマンションですが、一般的に「階数が20階以上」であり、「高さが60m以上」の住居用建築物が、タワーマンションや超高層マンションと言われています。このタワーマンションには、眺望の良さだけでなく数多くの魅力があるのをご存じでしょうか?

020

例えば、内装においても住居戸数の多いタワーマンションはグレードが高くなっていて、コンシェルジュがいるなど、まるでホテルような雰囲気を醸し出しているタワーホテルも珍しくありません。また共用施設が充実していて、キッズルームやゲストルームがあるのはもちろんのこと、シアタールームやラウンジ、フィットネスルームなどもあるタワーマンションもあるのです。

このように付加価値も高く、魅力があるタワーマンションの賃貸の家賃の相場は、比較的高く設定されていることが多くなっています。もちろん立地条件にもよりますので関東県下のタワーマンションでは1LDKで10万円台といった物件もありますが、都心の駅近くのタワーマンションであれば1LDKで20万円以上の家賃であることも珍しくありません。ファミリータイプの3LDKにもなれば、30万円以上といった家賃もあるでしょう。

もしタワーマンションに賃貸で住みたいけれど予算があまりない場合は、築年数が比較的古い物件を狙って、あえてタワーマンションの低層階に住むのも良い方法です。もちろんタワーマンションとしての眺望は望めませんが、それでも共用施設のメリットは十分に堪能できるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ