時には家族の写真を提出することも、、、

新生活を始めるために賃貸物件を借りる人は毎年とても多くいます。物件を借りる際には様々な手続きや手順が必要ですが、最も重要なのが入居審査です。実は、賃貸契約を成立させるためには、入居のための審査に通らなければいけません。そこで、入居の審査に必要なものについてご紹介しましょう。

021

入居審査ではその人に継続的に賃料を支払っていく能力があるかどうかについて調べます。ですから、氏名や年齢などの個人情報をはじめ、年収や勤務先などの項目を記入する必要があり、さらに、その収入を証明するための書類の提示が求められる場合があります。

さて、賃貸物件を借りる時にもう一つとても重要なのが連帯保証人の存在です。連帯保証人とは、仮に主に何らかのトラブルがあり家賃が滞ってしまった時、その支払いを代わりに行う人のことです。これには、父母や兄弟など、社会人として安定した収入を得ている人が望ましいと言えます。支払いを肩代わりする可能性があると憂いことで、保証人本人にある程度の収入や安定した職業があることが必要になるのです。

最近ではその信用を確かなものとするため、連帯保証人に収入証明の提示を求める物件も存在します。つまり、連帯保証人の収入は、契約をする人の年収と同じくらい重要なものなのです。面接がない場合では、審査のための書類として入居者全員の顔写真を提出することもあります。この場合、大人だけでなく、子供や赤ちゃんの写真も提出します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ