人柄はできるだけ良く見えるようにしましょう。

入居審査の重要なポイントとして挙げられるのが、その人柄です。
特に、マンションやアパートなどの集合住宅の場合では、周りとの調和が取れないような人は審査に落ちやすくなります。住人同士のトラブルがあると、その物件の価値は格段に下がってしまいます。

例えば、ある一人の住人が周りに多大な迷惑行為を行い続けた場合、その物件内の住人が何人も出ていってしまうというようなことがあれば、家主にとっては家賃収入が大幅に減ってしまうことになり、大きな損をします。また、そういった住人が住み続けることによって、なかなか新しい住人が入ってこなくなり、入居者のいない期間が長く続くことで経年劣化により老朽化がすすみ、物件の価値がどんどん下がるだけでなく、その修繕などのメンテナンス費用もかさむことになり、デメリットばかりだからです。

賃貸契約を結ぶ際には、家主との面接がある場合があります。この場合、できるだけ印象が良く見えるような身なりを心がけることが大切です。男性の場合ではスーツやきれい目のスタイル、女性の場合も同じような服装が好ましく、デニムにシャツなど、決してカジュアルすぎる格好はしないように気を付けましょう。また、清潔感も大切です。だらしない身なりの人は、物件の取り扱いも雑だと思われがちです。清潔感のある身なりは、信頼感を生みます。

面接の場にそぐわないような派手すぎる格好や露出の多い格好など、周囲から誤解されやすい身なりでは審査には通りにくくなります。以上を参考に、ぜひ実践してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ