賃貸契約を結ぶときの保証人は?

賃貸契約を結ぶ時にはさまざまな手続きや契約がありますが、最も重要なのが保証人の存在です。賃貸契約における保証人とは、連帯保証人のことを表します。例えば、契約者が万が一トラブルなどにより家賃を滞納してしまった場合、有無を言わずその連帯保証人がそれを支払わなければいけません。では、この連帯保証人には、どういった人を選べばいいのでしょうか。

実は連帯保証人はとても重要な存在です。ですから身の回りにいる人に「名前だけ貸して」なんて言って気軽に記入してはいけません。賃貸契約を結ぶ際に必要な連帯保証人には、支払い能力があるかどうかが重要なポイントとなります。ですから、無職で年金暮らしの祖父や祖母の名を記載しては、審査に落ちる可能性が高くなります。理想的なのは、安定した職業と収入のある親や兄弟です。よく、会社の上司や同僚などに連帯保証人をお願いする場合がありますが、会社でいつも顔を合わせる身近な存在であっても結局は赤の他人。

いざという時に頼りにならず、家賃が回収できないことを恐れる家主も多く、また、そういった関係間ではトラブルになる可能性が高いため、審査に通らない場合もあるのです。連帯保証人をお願いする場合は必ず本人に伝えて、自身できちんとサインをしてもらうことが、のちのトラブル回避のためにも有効な方法です。物件によっては、連帯保証人の収入証明の提出を求められるところもあるなど、賃貸契約では保証人は大変重要な存在なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ