物件に入居する際には審査があります。

賃貸物件に入居するときには、単に契約を結べばいいだけではありません。その契約を成立させるためには、入居審査を受けなくてはいけないからです。

入居審査とは、その人が本当に継続して家賃を払っていく能力があるかどうかについて調べます。収入や勤務先の規模、また、勤続年数などもその審査対象になります。個人の信用をもとに物件を貸すため、こういった信用に係る情報は家主にとっても非常に重要な事項となります。

こういった審査以外にも、物件によっては家主との面接が行われる場合があります。その人の人柄を見ることで、安心して物件を貸し出すことができるかを判断するからです。その人の身なりや清潔感、明るい雰囲気などは審査に通りやすい条件となりますので、面接の際は第一印象が良く見える身なりを心がけて臨みましょう。

第一印象はできるだけ良くしましょう!

言動に問題があったり、誤解を受けるような髪形や服装をしていること、また、風紀上よくない職業についている人などは、どんなに年収が良くても入居が認められない場合があります。

入居者のトラブルは、その物件の価値をも下げかねません。様々な人に貸すことで利益を出す賃貸物件では、何らかの事故やトラブルがあってはその価値が急落してしまうのです。ですので、信頼できる人を選ぶことが家主にとっても重視すべき大切なポイントになるのです。

面接がない場合は、入居者全員の顔写真を提出することもあります。この場合もできるだけ明るい印象で映っているものを提出するのがポイントになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ