審査はどうして行われるものなのでしょうか。

賃貸物件に入居するためには、審査が必要です。ではこの審査はどうして行われるものなのでしょうか。
賃貸物件は、その人の信用をもとに物件を貸す契約をします。ですから、継続して家賃を払っていける能力があるか、また、その人がどういった人なのかを審査することは、とても大切なことなのです。入居者が家賃を滞納してしまうと家主にとっては収入減になりますから、毎月しっかりと収入を確保するためにもその人の支払い能力の有無は審査における重要な事項です。年収や勤務先の情報はもちろん、勤続年数などについても審査の対象となります。

例えば、借りたい物件の家賃に見合った年収がない場合や、無職やフリーターなど安定した職業についておらず定期的な収入が見込めない場合、また、水商売など月々の収入に大きな変化がある職業の場合などは審査に通りにくいと言えます。社会の風紀的にあまりいいとされていない職業の人も審査に通りません。

023

入居審査では、その人の人柄も大切なポイントです。

特に集合住宅の場合では、その態度が横柄であったり身なりが不潔であるなど、トラブルに発展する可能性のあるような性格や容姿の人は受け入れてもらえません。中には家主が直接面接を行うことや、入居者の家族写真を提出することで、その人の人柄を判断することもあります。

入居に関する審査は、基本的には不動産会社が行います。ですから、賃貸物件を探しているときからすでに審査が始まっていると言っても過言ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ